Arts Meet Science Arts Meet Science

Arts
Meet
Science

東京藝術大学が、芸術と科学のつながりを深め、
グローバルで学際的な活動を推進するために
立ち上げたプロジェクト

SCROLL

プロジェクト概要 プロジェクト概要

Projectプロジェクト概要

Arts Meet Scienceプロジェクトは、グローバル化が進む現代世界において、芸術と科学が互いに重なり合い、共有できる力を探求するための多様なアプローチを展開していくことを目的としています。

「芸術はなぜ人の心を動かすのか」

この問いかけをキーワードに、これまで「芸術と科学に共通するバックグランドとは何か?」、「音楽と医学の学問的融合の発展を目指して」といったテーマの公開討論会を行い、世界中から招いた各界の識者による熱い議論が繰り広げられてきました。今後も、持続可能で実りある社会の発展のために、芸術と科学を繋ぐ新たな知の創出と統合の契機となる場を革新的なアプローチにて提供していきます。

本プロジェクトでは、芸術と科学が協働して取り組む国際的な活動を通して、(心身ともに)健康で幸福に満ちた人類社会への貢献を目指します。更に、次世代の芸術家や科学者が広い視野や文化的鑑賞眼を会得することにより、彼らが貢献できる領域が拡がり、世界が共有・享受できる新たな価値の創造にも繋がることを期待しています。

Newsお知らせ

公式サイト開設

Messageメッセージ

澤和樹です。私が学長を拝命したときに「芸術の持つ無限の可能性」と題した「学長宣言」をいたしました。そこでは、本学が培ってきた伝統を継承・発展させながらも、人材育成や研究開発、社会実践活動等を一層強化しながら、日本の芸術文化を更に世界に向けて発信していくため、多様な活動を組織的に展開するとともに、芸術の持つ可能性をより創造的・持続的に飛躍させていくことを宣言いたしております。

本学では、文部科学省が創設したスーパーグローバル大学の中で採択された唯一の芸術大学として、グローバル化に向けた既に多様な活動を展開させておりますが、本AMSプロジェクトはその一環ともいえる「学長プロジェクト」として「芸術と科学が互いに重なり合い共有できる力を探求する」ことを目的として発足させたものです。

AMSプロジェクトではその趣旨に沿って多様な活動を展開させていきたいと考えておりますので、みなさまのご支援・ご協力を何とぞよろしくお願い致します。

東京藝術大学
学長 - 澤和樹

東京芸術大学 学長 - 澤和樹

Committee運営組織

運営委員

  • 澤 和樹運営委員長

    東京藝術大学学長

  • 栗原 裕基

    東京大学大学院医学系研究科教授

  • 佐野 靖

    東京藝術大学学長特命(社会連携担当)/
    社会連携センター長教授 /
    音楽学部教授

  • 谷口 維紹

    東京大学名誉教授 / 総長室アドバイザー

  • 西川 伸一

    京都大学名誉教授 /
    オール・アバウト・サイエンス・ジャパン代表理事

プロジェクト顧問

コーディネーター